数多のソウルバンドにて、強烈なハモンドオルガンを奏でるキーボーディスト。

ソウル音楽を追求する中、その源流を追い求めてゴスペルに出会う。

 

東京BTGC参加後から、Bro.taisuke、そしてクワイアのサポートバンドとして長くその音を支え続け、その間Bro.taisukeのツアーサポートなどでアメリカVOODOOフェスティバルや、深南部の教会での音楽サポートを経験。2012年のBro.taisuke渡米を機に、クワイアディレクターに就任した。

クワイアの楽曲アレンジャーとしても、非凡な才能を発揮し続け、現在に至る。

 

また、クワイアのほか、複数の合唱ユニットの指導にも当たり、本職のハモンドオルガン奏者としても、数々のオファーが舞い込み続ける売れっ子。さらに活躍の場が広がり続けている。

 

尚、甘いものより辛いもののビール党である。

 

■BLOG http://naokoan.blog136.fc2.com

NAOKO.Y

©東京Bro.taisuke Gospel Choir  無断での転載および転用を禁じます

  • w-facebook
  • w-youtube
  • White Twitter Icon
  • White Blogger Icon